人気ブログランキング |

doms magazine

秋幸三部作に出てきたカモメ

「岬」「枯木灘」「地の果て 至上の時」は、中上健次の多くある小説の中でも、竹原秋幸三部作として知られているけれども、文庫本の解説で柄谷行人が言うように、浜村龍蔵三部作なんじゃないかと思う。

三作を続けて読むと、この三部作は、竹原秋幸の思春期から青年期までを彼を取り巻く血の濃い人間関係の葛藤を描いているように見える。
また、被差別部落としての「路地」と日本国の戦後以降バブルまでの「時代状況の暗喩」として読むこともできる。

けれども、それだけじゃない異常さで、まったく感動作でもハッピーエンドでも、いわゆる悲劇でもないのに、胸に大きな塊がひっかかったみたいになる。

大学生の時に、この三部作の最後、「地の果て・・・」を読み切れなかったのは、「岬」や「枯木灘」と比べて「地の果て・・・」は路地の生活や社会状況よりも、秋幸の実父・実母、義父や腹違いの姉との心情的な葛藤と、「枯木灘」後、消え去ってしまった路地への心情に、より重点を置いて書かれていたからだと思う。
それは当時から私小説、とか、私写真というワイドショー的なものに興味のない私にはあまり響かなかったらしい。

けれども何年ぶりかに読み終えて思うのは、「地の果て 至上の時」という小説が、「岬」、「枯木灘」に遥かに秀でているということ。それは、中上健次という作家が無意識としか思えない非凡さで浜村龍蔵にこう語らせているからだ。

「どっちにしてもわしは一たす一は一じゃし、三ひく一は一じゃと思とる。切手ほどの土地から始めたわしの計算方法での。わしも生きつづける。浜村孫一も生きつづける。秋幸も生きつづける。同じ一じゃ。同じ種じゃ。わしは杉や檜にヤキモチ焼かん。人に何と思われようと一は一じゃ。0じゃない。何しろ一じゃ、わしが生まれた時から始まっとったし、お前がフサの腹から生まれるときから始まっとった。わしもお前もこの世におると言うたらおる、おらんと思たらおらん。こうおまえと話しとるのもその昔、片目、片脚の孫一殿がその潰れてない片一方の眼で見た中の、昼の夢のような出来事じゃ。みんな見えとったんじゃよ。一に何を足しても一じゃし、一から何を引いても一じゃ。仏の国を夢みて負けて裏切られ続けた孫一殿は後の世のことまで知っとったんじゃの。」

この言葉が、朋輩のヨシ兄が息子の鉄男に撃たれた翌日、首をくくって死んだ龍蔵の自殺の真意そのものだろう。彼にとって、死ぬことほど簡単なことはなかったと言える。
「カモメのジョナサン」を著したリチャード・バックの「ONE」が言いたいことはこの龍蔵の長い台詞の中にすべて入っている。
これは田舎の、教育も受けず、乞食同然に育てられ、方々に女を作り、女郎にした女を籠抜けさせ、そしてまた女郎に売り、人を殺め、放火をして成り上がった男の言葉だ。
本能と生き抜く知恵(悪知恵?)だけで、人間として生き、息子が腹違いの弟を殺し、そしてその息子が見ていることを知りながら目の前の暗闇の中で首をくくる男である。
ここまで意味のない自殺が、完全に存在することなど、他では不可能であろう。
素晴らしい。

ガルシア・マルケスの「百年の孤独」のような「千年の愉楽」でオリュウノオバに語らせた路地の濃い血の話から、オリュウノオバが死に、路地が60年代後半からの戦後バブルで消え、「枯木灘」後、秋幸の実母であるフサ、その夫であり秋幸の義父である繁造、種違いの姉の美恵、夫の実弘らは龍蔵を憎みつづけるものの、あっさりとそのルーツである路地を捨て、こぎれいな服を身に着け、いい家に住むのだ。
この時、彼らは偽善者であり、秋幸一人が路地への郷愁に取り残され、カミュの「異邦人」ばりに人非人と指を指される。

多分、あたしがこの本を読み終えて胸に大きな塊があるように思うのは、読み終わってしまったという喪失感かもしれないなーと思う。

ていうかなんてすごい小説なんだろう。(今更。syk)
# by info_doms | 2009-11-21 02:13 | Bookshelf

Photography Galleries in Tokyo(11/2009) 東京の写真ギャラリー(11月号)

今更ながら"This is it"を見てきたOCです。記録用に小型のカメラで撮影された寄せ集めの素材なので、映画館であの映画を見る意味は、音がでかいということだけですが、2時間あっという間に過ぎ一人のエンターテイメントの天才がずっと繰り返してきたであろう、能力を発揮してどこまでいけるかの探求に圧倒されてきました。

さて、ずっと自分のためにやろうと思っていたのですが面倒なのでしなかった東京を中心としたギャラリーのリンク集をまとめます。どこでどんな写真展がやっているか情報がプッシュ型で送られてくる便利なものがあればいいのですが。写真集もいいのですが、やっぱり写真展で写真プリントをみることは特別です。

ZEIT-PHOTO SALON

PLACE M

Taka Ishii Gallery

Photo Gallery International

WAKO WORKS OF ART

SUHGOARTS

Rathole Gallery

Gallery Koyanagi

東京国立近代美術館フィルムセンター

東京都写真美術館

と、以下Googleマップに誰か親切な方がまとめてくださっていたのをみつけたのであとはそちらを参照ください。
Photograph Gallery In Tokyo

また、このページに現在行われている展覧会が比較的順調にアップデートされています。
http://www.photolinks.jp/

今回はここまで。いずれにしても今なにやってんだろうとリンク先をいちいち見に行かないとダメなんですが。また他の都道府県については改めて。(OC)

参考:アメリカの写真ギャラリー(photo-eye)
# by info_doms | 2009-11-07 00:06 | PHOTOGRAPHY

写真家 at a glance - 石元泰博

「もうないねえ。」

いつ死ぬかわからないですよ
毎日そんなこと考えてるよ
あ、でも
もう一回「伝真言院両界曼荼羅」を出版したいね
あと「桂」も作り直したい
それに「伊勢神宮」も

産經新聞の記者でもある篠原氏のブログ。毎回、有名無名を問わず、氏の「願い事はなんですか?」の質問への答が掲載されている。2009年6月24日のブログより、日本を代表する写真家、石元泰博氏の言葉。

近作「色とかたち」は、石元泰博氏の写真への姿勢を象徴するような写真集・写真展だったと思う。

インターネットのオークションで法外な値段で個人が「もの」を売りさばける時代。
「本」の真の使用目的が、ボロボロになるまで見る本として活用する本として、在るのであれば、それが第二版だろうと何版だろうとどれだけ版を重ねたって、かまわない。

私たちに必要なのは、それを手に取って見ることができる、ということ。

石元泰博の願いが叶いますように。

(syk)
# by info_doms | 2009-09-01 23:46 | PHOTOGRAPHY